弁護士佐藤光子のブログ

弁護士佐藤光子(東京弁護士会所属)のブログです

機能性表示食品における表示・広告の実務最前線 ~トラブル回避のために知っておくべきこと~ZOOMセミナー開催します!

■講座のポイント 
平成27年に機能性食品表示制度が開始され、消費者の健康志向の高まりの中、市場規模は拡大傾向にあります。消費者の安全性や効果への関心が高く、その関連法規を正しく理解することが求められます。
機能性表示食品の関連法規による表示規制は様々です。消費者庁は、表示に関する法執行の方針の明確化を図るため「機能性表示食品に対する食品表示等関係法令に基づく事後的規制(事後チェック)の透明性の確保等に関する指針」を策定し、令和2年4月1日から運用を開始しています。適切に表現しなければ、行政対応によるリスクや、課徴金、刑事罰を受けるリスクもありますが、具体的に判断することがなかなか難しい部分もあります。
本講座では機能性食品表示に関する法令を網羅的に理解して規制のポイントを押さえ、表示の現場で判断できるように具体例を用いて説明します。

●日時 2020年10月7日(水) 12:30-16:30 

https://johokiko.co.jp/seminar_medical/AF2010A2.php

■講演プログラム

1.そもそも機能性表示食品とは?
 ・機能性表示食品制度
 ・特定用保健食品との違いなど
 ・食品の表示規制の持つ意味

2.機能性表示食品を取り巻く法規制、罰則概観
 ・食品表示
 ・景表法
 ・薬機法
 ・健康増進法
 ・不正競争防止法
 ・製造物責任法(PL法、アレルギー表示)

3. 景品表示法による規制詳細
 ・優良誤認・有利誤認とは
 ・優良誤認か否かの判断基準
 ・有利誤認か否かの判断基準
 ・違反の場合どうなるか(措置命令、課徴金)

4 各種法規、消費者庁の指針を踏まえた広告表現の具体例検討
 ・届出表示はどこまで簡略化してよいのか、有効性はどこまで書いてもよいのか、 優良誤認、誇大広告はどこをみてNGと判断されているのかなど、具体例を用い、実際の業務に繋げられるよう詳細に解説します!
 ・広告表現のグレーゾーンについての講師の見解(具体例を用いて)

5 法規違反になってしまった場合の対応
 ・何をするか?
 ・行政対応と警察対応