弁護士佐藤光子のブログ

弁護士佐藤光子(東京弁護士会所属)が食品安全やペット問題、環境問題、医療問題など関心分野について日々つづるブログです

発酵と味噌

お味噌は、日本人にはおなじみの食品ですが、味よし、保存によし、体に良しといわれ、デトックスにも効果があります。

お味噌は発酵食品ですが、発酵とは何でしょう。

発酵とは、微生物の働きによって物質が変化し、人間にとって有益な物質を作り出すことを言います。発酵にかかわる三大微生物とは、細菌、酵母、カビで、あわせて発酵菌といいます。味噌はこの3種類ともが関与します。

発酵食品のメリットとしては、食品の栄養分が増える、保存性が高まる、熟成により味や香りがまろやかになるなどがあげられます。

先日、自分で作ってみましたが、材料は大豆、米麹、麦麹、塩などで、意外と簡単に作ることができます。

最近では保存用の容器もセットになった手作り味噌用キットも販売されているようです。

時期によって2~6ヶ月ほど仕込みの期間がかかりますが、お味噌料理のレシピを研究しながら自分のお味噌ができるのを待つのも良いのではないでしょうか。