弁護士佐藤光子のブログ

弁護士佐藤光子(東京弁護士会所属)が食品安全やペット問題、環境問題、医療問題など関心分野について日々つづるブログです

遺伝子組み換え食品1

遺伝子組み換え食品とは、どういったもので、食べ物としては、何が問題なのでしょうか。遺伝子組み換え食品については、厚労省のHPにいろいろ情報が掲載されています。

遺伝子組換え(組換えDNA技術応用)食品とは、他の生物から有用な性質を 持つ遺伝子を取り出し、その性質を持たせたい植物などに組み込む技術(遺伝 子組換え技術)を利用して作られた食品です。日本で流通している遺伝 子組換え食品には、①遺伝子組換え農作物とそれから作られた食品、②遺伝子 組換え微生物を利用して作られた食品添加物があります。

日本の場合、政府の食品安全委員会で安全性審査したという建前になっています。なぜ安全性審査が必要かというと遺伝子組換え食品が健康に有害な影響を与えるような変化、具体的にはアレルギーを引き起こす物質や毒性物質が新たに作られたり、あるいは量的に増えたりしていないかどうか、また、栄養素の量が大きく変化していないかなどの検討が必要で、遺伝子組換えを行った食品が、その食品の従来の食べ方や食べる量などが変化しないか、変化する場合は人の 健康に影響を及ぼすことがないかということも確認が必要だからです。

アレルギーに関しては、遺伝子のアレルギー誘発性や遺伝子産物(タンパク質)の物理化学的処理に対する感受性に関する事 項( ①胃で消化されるか ②腸で消化されるか ③熱に弱いか) など、総合的に判断しているようです。ある企業が遺伝子組換え農作物を開発している過程で、アレルギーを引き起こす性質が生じたことに気付いて開発を取りやめたことがあるようです。
ただ、新しくできた物質などについて、明確な安全性を示す根拠がない場合には、必要に応じて急性毒性試験などの毒性試験をしているとのことですが、慢性毒性については必ずしも試験が行われるわけではないようですし、「安全性の審査を経た旨を公表された食品又は添加物について、その後、新たな科学的 知見が生じたときや、その他必要があると認められたときは、再評価を行い、人の健康を損なう 恐れがあると認められた場合は、その旨を公表し、適切な措置をとる」と言うことなので、やはり現在の検査で万全というわけではなく、いったん安全とした食品でも、未知の問題が出てきうることは否定していないようです。