弁護士佐藤光子のブログ

弁護士佐藤光子(東京弁護士会所属)が食品安全やペット問題、環境問題、医療問題など関心分野について日々つづるブログです

動物愛護法改正 動物取扱業者の規制(5)ー 許可制、免許制への移行ー

前回書いたような登録制の下での改正も考えられますが
ただ、登録制はあくまで登録制であることの限界もあります。

・繁殖業者に関しては、動物の母体の安全性や、遺伝的な問題など、専門的な見地も求められることから、登録制以上の規制を導入し、繁殖に的確な知見を有する適格者のみに営業を認める免許制にするということを考えても良いと思います。そのうえで、繁殖業者には飼養管理について具体的な繁殖制限規制などの導入の検討がなされても良いかと思います。

・偽名や架空住所、虚偽の資格要件でも登録ができてしまっているという問題点も聞きますので、許可制や免許制で身元確認を厳しくするということも考えられると思います。

・さらに無登録や不正の手段による登録は罰則があり、100万円以下の罰金となっていますが、実際のところ無登録営業の告発はなされていないようです。動物愛護法の登録制は実質的許可制で厳しめに制定されているから許可制にする必要はないという主張も聞きますが、実際に厳しい運用はなされていないのでは意味がなく、現状を見ると登録制では限界なのかという気もします。

原則禁止の行為を例外的に許可するというのが許可制ですので、形式的な規制のレベルとしても許可制まであげて上げて実効性を担保するということも考えられると思います。

以上、思いつく改善点をあげてみました。もちろん一気にすべてということではないかもしれませんし、営業の自由の過度の制約になるのではと危惧する意見も耳にします。しかし、現状で動物取扱業者の問題が指摘され、適切な法の規制、運用ができていない以上、動物愛護法に定めるヒトと動物の共生する社会の実現という目的達成の上で必要な政策的な制約として、次期改正での動物取扱業者の規制の厳格化はやむを得ないのではないかと考えています。