弁護士佐藤光子のブログ

弁護士佐藤光子(東京弁護士会所属)のブログです

食品安全

中小企業のためのSDGs

SDGs(Sustainable Development Goals)とは、持続可能な世界を実現するための、国際的な開発目標のことを指します。17のゴールと、ゴールを達成するために169の達成基準から構成されています。2015年の国連持続可能な開発サミットでで採択された「持続可能…

食品ロスの削減の推進に関する法律(食品ロス削減推進法)

食品ロスの削減の推進に関する法律(食品ロス削減推進法)は、2019年10月1日に施行された法律ですが、意外と知られていなかったりします。 内容としては、食品ロス削減の推進、基本的な方針や施策などが盛り込まれており、食品ロスの削減に関して国や地方自治…

機能性表示食品における表示・広告の実務最前線 ~トラブル回避のために知っておくべきこと~ZOOMセミナー開催します!

■講座のポイント 平成27年に機能性食品表示制度が開始され、消費者の健康志向の高まりの中、市場規模は拡大傾向にあります。消費者の安全性や効果への関心が高く、その関連法規を正しく理解することが求められます。機能性表示食品の関連法規による表示規…

食品衛生責任者がいないと開業できないのか

食品衛生責任者がいなければ飲食店の営業が出来ないのかについて、Yahooニュース等でコメントが紹介されました。 食品衛生責任者の資格は講習を受ければ得ることが出来るのですが、開業のタイミングで講習受講が間に合わないと行ったようなときにだけ、直近…

新型コロナウイルス感染症対策の基本的処方針(改正)にづく事業継続ためガイドラン

外食産業は、新型コロナウイルスの 影響 で、大変厳しい状況にあろうかと思います。新型コロナウイルス感染者がゼロになったわけではなく、警戒しながら事業継続となりますが、法人日本フードサビス協会と一般社団法人全国生活衛同業組合中央会により、事業…

新型コロナウイルス予防のサプリメント?

新型コロナウイルス予防の効果に根拠のあるサプリメントの情報が出回っているようですが、消費者庁のウエブサイトによれば、予防の効果に根拠のあるサプリメントや 特定の食品は現在のところないとのことです。 消費者に誤認を与えるような表示は、景品表示…

TBS・Nスタ「くるりポイ」問題へコメント

スーパーなどでお肉などのパックを開けてトレーを捨ててしまう、いわゆる「くるりポイ」がここのところワイドショー番組で話題になっていますが、今日の夕方のTBS番組Nスタで、法的に問題がないかコメントさせて頂きました。 お客さんには、マナーとしてはと…

ニチレイフーズ船橋第二工場の見学

冷凍食品の工場見学をしたいと以前から思っていましたが、ニチレイフーズ船橋第2工場の見学の機会をいただき、人気商品のミニハンバーグのラインの見学をしました。よどみなく次々とミニミニハンバーグが流れて行く様子は圧巻でした。 ニチレイフーズの冷凍…

たねと私の旅

法政大学で行われた有機農業映画祭に行ってきました。5本の映画が上映されましたが、私の一押しは「たねと私の旅」とういう2017年のカナダの女性監督の映画です。遺伝子組み換え食品の表示がないカナダのお話ですが、食品表示と知る権利につき考えさせ…

「経口補水液」は特別用途食品です

今年は猛暑が続き、熱中症対策として水分補給の重要性が叫ばれましたが、ドラッグストアで経口補水液をご覧になり、あるいは購入されたかたも多いかと思います。 電解質組成を調整した清涼飲料水について、「経口補水液」との名称で広告その他の表示で、「脱…

機能性表示食品における表示・広告の実務最前線 ~トラブル回避のために知っておくべきこと第2弾~終了しました

先週金曜日、大田区産業プラザにて、情報機構様主催の表記のセミナーが行われ、食品関係の商品の企画・販売に関わるご担当者様などが参加されました。今年2月のセミナーより、パワポイント具体例を多く取り込み、表示に関する景表法、健康増進法による取締…

機能性表示食品における表示・広告の実務最前線 ~トラブル回避のために知っておくべきこと~第2弾開催

今年2月に開催され講評だった情報機構様主催のセミナー「機能性表示食品における表示・広告の実務最前線」の第2弾を8月31日に開催することになりました。つぎつぎと機能性表示食品が発売される中、今回は、より具体例に基づき、実践的な講義を目指そう…

栄養成分表示と事業者規模

小規模事業者が製造する食品であっても、小規模ではない事業者が消費者に販売する場合は、栄養成分表示が必要です。 http://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/health_promotion/pdf/health_promotion_180510_0003.pdf 「食品表示法に基づく栄養…

遺伝子組み換え作物の任意表示の変更

消費者庁による「遺伝子組換え表示制度に関する検討会報告書に係る説明会」が4月19日に行われましたので、参加してきました。 現在の制度では、遺伝子組み換え農産物の混入率が5%以下の場合、「遺伝子組み換えでない」「遺伝子組み換えでないものを分別…

ファベックス2018

食品業者さんの展示会であるファベックス2018に参加してきました。セミナーも立ち見が出るほどの人が集まっており、活気が感じられました。

ハラール認証とは

イスラーム諸国に食品を輸出する際に「ハラール認証」が問題となります。イスラーム法上合法な食品を、ハラール食品といいます。食品のハラール認証とは、各国政府機関やイスラーム団体が定めた制度に基づき、イスラーム法上合法であると当該機関や団体に認…

食品衛生法等の一部を改正する法律案の概要

厚労省のHPによれば、3月13日に食品衛生法等の一部を改正する法律案が国会に提出されたそうです。 我が国の食をとりまく環境変化や国際化等に対応し、食品の安全を確保するため、広域的な食中毒事案への対策強化、事業者による衛生管理の向上、食品による…

食品表示とPL法(製造物責任法)

PL法(製造物責任法)が食品に適用される場合がどのような場合なのかを今回は検討してみます。 製造物責任の要件は下記になります。 1.製造物であること2.製造物に欠陥があること3.生命、身体または財産が侵害され、製造物以外のものについて損害が発生する…

機能性表示食品の景表法違反~葛の花由来イソフラボン

消費者庁は平成29年11月7日、葛の花由来イソフラボンを配合する機能性表示食品を販売する16社に、「摂取するだけで、誰でも容易に内臓脂肪(及び皮下脂肪)の減少による、外形上、身体の変化を認識できるまでの腹部の痩身効果を示す表示をしていた」…

「社長必見!インターネット広告の落とし穴」のワークショップ担当

2月26日にTOKYO創業ステーションで行われた日本政策金融公庫と東京の三弁護士会の共催のセミナー「社長必見!インターネット広告の落とし穴」に、ワークショップ担当者として出席してきました。 前半は、インターネット広告を考えている起業家の方々向け…

セミナー「機能性表示食品における表示・広告の実務最前線」終了

情報機構さん主催の「機能性表示食品における表示・広告の実務最前線 ~トラブル回避のために知っておくべきこと~」と題するセミナーの講師を先日務めさせていただきました。 機能性表示食品は、いわゆる健康食品の中でも、その機能を事業者が責任をもって…

遺伝子組み換え食品1

遺伝子組み換え食品とは、どういったもので、食べ物としては、何が問題なのでしょうか。遺伝子組み換え食品については、厚労省のHPにいろいろ情報が掲載されています。 遺伝子組換え(組換えDNA技術応用)食品とは、他の生物から有用な性質を 持つ遺伝子を取…

機能性表示食品における表示・広告の実務最前線 ~トラブル回避のために知っておくべきこと~

機能性表示食品における表示・広告の実務最前線 ~トラブル回避のために知っておくべきこと~ をテーマに講演をします!興味のある方は是非ご参加下さい。 お申込は下記サイトからお願いいたします。http://www.johokiko.co.jp/seminar_medical/AA180271.php…

食品と廃棄物処理法

食品業者にとって廃棄物処理は適切に対応しなければならない問題です。廃棄物については廃棄物処理法があり、この法にのっとった処理が必要です。 廃棄物処理法のいう「廃棄物」とは、ごみ、粗大ごみ、燃え殻、汚泥、ふん尿、廃油、廃酸、廃アルカリ、動物の…

味の素 川崎工場見学

東京商工会議所の皆様と、味の素川崎工場見学に行ってきました。京急鈴木町駅を出るとすぐに目の前にうまみ体験館があり、展示やショップがあります(あじぱんだグッズが売っています)。工場見学バスはこの体験館前から出発し、広大な工場敷地内を通過し、…

全加工食品の原材料の原産国表示義務付け施行

本日付けで、国内で製造される全加工食品の原材料の原産国表示を義務づけた改正が食品表示基準が施行となりました。準備が整った業者から新基準に沿った表示にし、2022年4月までは、業者の表示切り替えの猶予期間とされ、順次新基準にするものとされて…

農薬の規制はどうなっているの?(農薬取締法・後半)

農薬取締法について、前回の解説の続きです。 (1) 登録保留基準 環境大臣が定める基準で,作物残留性,土壌残留性,水産動植物への毒性,水質汚濁性などに関するものがあります。 作物残留性とは,申請書の記載に従って使用した場合,農作物などに汚染が生…

農薬の規制はどうなっているの?(農薬取締法・前半)

食品の安全性に関して考えるとき、農薬の問題についてよく話題になりますが、日本ではどのような法規制になっているのでしょうか。農薬取締法について2回に分けて概観したいと思います。 (1)目的 農薬取締法は,農薬について登録制度を設け,販売及び使用の…

ウインナープラント見学

プリマハム茨城工場に昨年5月に新しいウインナー工場が出来たので見学に行ってきました。原材料の処理から包装までのすべての流れを見学用通路から見ることができ、機械での処理の様子はタッチパネルの画面からも理解する事ができ、とてもわかりやすいです…

石川県羽咋市の自然栽培

石川県羽咋市では、6年くらい前からJAと行政と農家が一体となって自然栽培の推進に取り組んでいると聞き、東京の方南町にあるアンテナショップを訪問しました。正確には、昨年まではアンテナショップですが、今年からは熊本など他の産地も産物も取り扱う自…