読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弁護士佐藤光子のブログ

弁護士佐藤光子が食品安全やペット問題、環境問題、医療問題など関心分野について日々つづるブログです

「100歳の精神科医が見つけた心のさじ加減」を読んで

知人から、なかなかよかったと頂いた本ですが、著者は100歳の精神科医の女医さんで今も現役とのこと。本には、メンタルに関するヒントがいっぱいで、一気に読んでしまいました。 私が特に心に残ったヒントは、まずは、「普段から心を穏やかにしておくこと…

景品表示法の課徴金制度の概観

食品の偽装問題、誤認表示問題を受けて、違反者が得た利益を剥奪するための制度として、景品表示法の課徴金制度が2014年11月に成立し、昨年4月1日に施行されました。 課徴金の対象となるのは、景品表示法上の優良誤認表示と有利誤認表示です。優良誤認表示と…

食品コンプライアンスはなぜ重要か

コンプライアンスの重要性は全ての企業に言える事ではありますが、特に食品業界はその順守が強く求められています。 食品は、食べた人の健康や生命に直結するものであり、消費者の安全・安心に関する関心の高い商品です。また、ひとたび食中毒など事故が起き…

栄養機能食品とはどんなもの

健康に良さそうな表示をしている食品は、トクホ、機能性表示食品以外でよくみられるものとしては、栄養機能食品というものがあります。栄養機能食品とは、栄養成分(ビタミン・ミネラル)の補給のために利用される食品で、栄養成分の機能の表示をして販売さ…

マイクロチップの義務化と情報管理

動物愛護法の次回改正に向けての積み残し問題として、マイクロチップ義務化の問題があります。 マイクロチップは、現在は飼主などが任意で獣医さんに入れてもらい、獣医師会などが情報管理をしているようです。 マイクロチップの関係者をめぐっては、管轄官…

機能性表示食品の実際

体によさそうな食品としては、トクホでおなじみの特定保健用食品はご存知の方は多いと思いますが、機能性表示食品をまだご存じでない方は多いかもしれません。 機能性表示食品制度は2015年4月から始まった制度で、企業が科学的根拠に基づいた機能性を消…

ネット炎上対策は再炎上回避も検討していますか?

企業、特に食品を扱う企業にとって、ネットでの炎上対策は頭の痛いところかと思います。アルバイト従業員などが、コンビニ店舗のアイスケースに体を入れた写真をSNS上でアップしたり、飲食店の厨房に入った写真をアップしたりして、不衛生であるとネット上で…

8週令規制について(動物の為の規制はけしからんと言う論調について)

動物愛護法の8週令規制について、前回書きましたが、いまだに「営業の自由という人権の制約根拠は、他の人権でなければならず、動物の保護のために人権制約するのはけしからん」というような8週令規定の批判がきかれ、法律家の中にもこの論調に同意してし…

食品偽装事件からの復活 「白い恋人」石屋製菓

先日、GINZA SIXがオープンしましたが、そのB2に北海道のお土産クッキー「白い恋人」で有名な石屋製菓のお店「ISIYA GINZA」があります。「白い恋人」は北海道のお菓子なので、ここでは販売しない、新商品で勝負すると聞いていましたの…

8週令規制について

次回動物愛護法改正に向けた議論で、8週令規制は憲法上の営業の自由の制約になるから合理的根拠が必要で、合理的根拠として8週令で規制しなければならないという科学的根拠が必要といった、かなり単純化された憲法議論が最近見受けられます。 私は、大学時…

食品製造業・小売業の適正取引推進ガイドライン

持ち帰り弁当の「ほっともっと」を展開するプレナス(福岡市)が下請業者に支払うべき代金の一部を不当に減額したことが下請法違反に当たるとして、公正取引委員会が3月2日、減額した計約3411万円を業者に返還することなどを勧告し、同社は勧告に従って返還…

講演、取材、執筆などのお問い合わせ先

講演・執筆・取材依頼などのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。 https://ssl.t-leo.com/cathand/ 相談内容に「その他」をチェックの上、相談内容記入欄に、弁護士佐藤光子への取材等のお問い合わせであることをご記入ください。こちらから折り返しご…

弁護士佐藤光子のブログへようこそ!

弁護士佐藤光子のブログへようこそお越し下さいました。 私は、主に民事事件や企業法務を扱う弁護士ですが、その中でも食品安全関係やペット問題、環境問題などの関心分野につき、日々考えていることなどつづっていこうと思います。これらの分野は、実際に取…