弁護士佐藤光子のブログ

弁護士佐藤光子が食品安全やペット問題、環境問題、医療問題など関心分野について日々つづるブログです

中級食品表示診断士になりました!

中級食品表示診断士の試験に合格しました!

ここのところ、食品関係のお仕事が続いており、せっかくなので趣味と実益を兼ねて食品表示診断士中級をうけました。食品表示はパズルの様な部分もあり、ひっかけ問題もあり、頭の体操にもなります。何でも、合格はうれしいですよね

 https://www.amazon.co.jp/dp/4478090513?tag=shokuhyo-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=4478090513&adid=1PZD6XVFJAK3F1CBYBQW&

動物愛護法違反と不法侵入

ビックコミックオリジナル掲載の「しっぽの声」第2回目を読みました。以前ご紹介した、杉本彩さんが監修している漫画で、犬のインンターネット個人販売のブリーダーの話の続きです。悪質ブリーダーのもとで、劣悪な環境で遺棄されている犬の居場所に今回は踏み込んだ様子が描かれています.

飢餓状態のなかで共食いされた子犬の死骸や、自分で前足を食いちぎってしまった子犬など、読んでいて辛くなる場面もあります。しかし、この様な状況を確認するためには、そのブリーダーの敷地内に入らざるを得ず、現行法では、そのブリーダーの許可が無ければ不法侵入になってしまうの難点と言えます。この件は、踏み込んで現場に入りさえすれば、あまりにひどい状況なので、動物愛護法違反は明らかな事案ですが、遺棄の場合、殺傷のような分かりやすい行為と異なり、不作為の為に明確に遺棄と言いずらい微妙な場面もあったりして、これまた難点だったりします。

 

現実から目をそらさらさず、現状を改善するためにどうしたらよいか引き続き考えていきたいと思いました。

 

f:id:syokuhin-pet:20170612221445j:plain

三井食品フードショ―2017

f:id:syokuhin-pet:20170622233344j:plain

パシフィコ横浜での三井食品さんのフードショーに行ってきました。みなとみらいは、かなり久しぶりです。フードショーでは、惣菜、加工食品、酒類、地方物産、ペット商品などのこれから発売する新商品、リニューアル商品などの展示、試食などが行われていました。展示をしている各社の方と意見交換させて頂きましたが、健康志向商品(なぜか豆乳系商品が多かったような気がします)と、より簡単・便利に調理できる商品の展示が多かったような気がしました(お湯捨て不要のカップラーメンなど)。ペットフードも人間の食品も顔負けの無添加、安心・安全、栄養補強などのラインが充実し、産地限定とか○○産と産地明示などされた商品群もあり、なかなかのものでした。

消費者庁 食品安全に関する総合情報サイトはじめる

 消費者庁が食品安全に関する総合情報サイトをはじめました。まだ工事中の部分が多いですが、食品添加物放射能汚染、残留農薬などの項目もあり、情報収集に役立ちそうです。趣味と実益を兼ねた食品オタクとしては見逃せません。

「消費者の皆様が不安に感じていると思われる分野について食品の安全に関する情報をまとめていますので、ご活用ください。」とのことです。

食品が生産現場から食卓に届くまで

http://www.caa.go.jp/…/cons…/food_safety/food_safety_portal/より

JETRO(日本貿易振興機構)との協力

昨年度から所属してる東京弁護士会の中小企業支援センターは、色々な外部の諸機関、金融機関などとの連携をして、中小企業の皆さまのサポートをしていますが、わたしは今年度はジェトロ日本貿易振興機構)との連携の窓口を担当させていただくことになりました。多少は、留学経験が役立つのかよくわかりませんが、中小企業の海外進出の応援にも力を入れていこうと思います。

ジェトロは、70カ所を超える海外事務所ならびに本部(東京)、大阪本部、アジア経済研究所および国内事務所をあわせ約40の国内拠点から成る国内外ネットワークをフルに活用し、対日投資の促進、農林水産物・食品の輸出や中堅・中小企業等の海外展開支援に機動的かつ効率的に取り組むとともに、調査や研究を通じ我が国企業活動や通商政策に貢献しているそうです。

https://www.jetro.go.jp/

動物愛護法改正論点について

ここのところ、毎週のように犬猫の殺処分ゼロを目指す動物愛護議員連盟動物愛護法改正PTの勉強会に出席させて頂いておりました。今日は議員連盟の総会と言うことで、勉強会も一区切りです。

勉強会の論点としてあげられていたのは、以下の論点で、いずれも次回是非改正してほしい論点ではあります。

・ペットショップ

・オークション市場

・ペット流通の実情

・8週齢規制

・動物取扱業に対する監視・取り締まり

マイクロチップ

・動物取扱業者

・獣医師との連携

・インターネット販売

・移動販売

これだけにとどまらず、まだまだ積み残しの論点はありますが、議員の皆様が次回中心と考えているのは上記のようなところのようです。引き続き、上記論点についてブログでも書いていこうと思っています。

 

 

杉本彩さん制作協力の漫画「しっぽの声」スタート

f:id:syokuhin-pet:20170612221445j:plain

犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟の勉強会でご一緒させて頂いている杉本彩さんが作品協力として制作に参加している、小学館ビックコミックオリジナルの漫画「しっぽの声」が6月5日からスタートしました。初回は、インターネットの個人販売のブリーダーの話で、劣悪な環境で遺棄されている犬たちの様子に泣けてきます。周りの人たちが、このような犬たちを助けようと思っても法的な壁があり、如何ともしがたい現状への腹立たしさも改めて感じました。直接このような問題にかかわっていない方々に何が問題なのかを伝えるのは難しかったりするのですが、漫画だと分かりやすいし、多くの方に伝わりやすいですね。是非みなさんに読んでほしいです。今後、どのような展開がなされるのか私も楽しみです。