弁護士佐藤光子のブログ

弁護士佐藤光子(東京弁護士会所属)のブログです

どんな熱中症対策が必要か(熱中予防運動指針)

前回に引き続き、熱中症の話です。

1 暑さ指数とは?
 よく、暑さ指数という言葉を聞きますが、暑さ指数(WBGT(湿球黒球温度)=Wet Bulb Globe Temperature)は、熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標です。 暑さ指数(WBGT)は人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、人体の熱収支に与える影響の大きい ①湿度、 ②日射・輻射など周辺の熱環境、 ③気温の3つを取り入れた指標です。単位は気温と同じ摂氏度(℃)で示されますが、その値は若干気温とは異なります。

 

2 WBGT(湿球黒球温度)の算出方法は以下のようになっています。

  屋外WBGT = 0.7×湿球温度+0.2×黒球温度+0.1×乾球温度
  屋内WBGT = 0.7×湿球温度+0.3×黒球温度

 

3 暑さ指数と運動に関する指針

 では、暑さ指数が何度だとどのような対策が必要でしょうか。学校で熱中症事故が起 こった場合、学校はこの指針を遵守していたかどうかが問題となります。

 

① 指数31℃以上 (気温35度以上)

  運動は原則中止

  特別の場合以外は運動を中止する。
  特に子どもの場合には中止すべき。


② 指数28~31℃ (気温31~35度)

  厳重警戒(激しい運動は中止)

  熱中症の危険性が高いので、激しい運動や持久走など体温が上昇しやすい運動

  は避ける。
  10~20分おきに休憩をとり水分・塩分の補給を行う。
  体力の低い人、肥満の人や暑さに慣れていない人など暑さに弱い人は、

  運動を軽減または中止。

 

③ 指数 25~28℃ (気温28~31℃)
  警戒

 (積極的に休憩) 熱中症の危険が増すので、積極的に休憩をとり適宜、水分・塩分

  を補給する。
  激しい運動では、30分おきくらいに休憩をとる。

④ 指数 21~25℃(気温 24~28℃)

  注意
 (積極的に水分補給) 熱中症による死亡事故が発生する可能性がある。
  熱中症の兆候に注意するとともに、運動の合間に積極的に水分・塩分を補給する。

 

⑤ 指数 21℃未満 (気温24℃未満)

  ほぼ安全
 (適宜水分補給) 通常は熱中症の危険は小さいが、適宜水分・塩分の補給は必要。
  市民マラソンなどではこの条件でも熱中症が発生するので注意しましょう。


【参照】

(公財)日本スポーツ協会「スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック」(2019)

熱中症対策と学校事故

  また今年も熱中症対策が必要な時期になってきました。今回は、生徒が熱中症になったとき、学校が責任を負うのはどのようなときか検討してみようと思います。
 いまは、学校は夏休み中ですが、学校が生徒に責任を負うのは授業中の場合のみではありません。クラブ活動などの課外活動や、学校が主催している行事も含みます。
 学校は、児童生徒の生命身体財産に損害が生じないように注意して指導監督すべきであるという安全配慮義務を負っています。

 部活動中に熱中症になった生徒が脳梗塞をおこし、左上肢に麻痺などの後遺症がのこり、学校の責任が問題となった判例(大阪地裁H28年5月24日)では、学校は安全配慮義務の一環として熱中症予防に努める義務があるとしています。
 この判例では、学校は、生徒が運動等を行う温度及び湿度、行う運動の内容や種類、それが身体に及ぼす影響の程度、補給する水分量などを踏まえ、熱中症の発生を未然に防止することが必要と認定し、この事故時には財団法人日本体育協会(今は財団法人日本スポーツ協会)の「熱中症予防のための運動指針」が周知されていたとして、気温に応じた運動の中止等の配慮が求められていたのに、その指針に準拠した予防対策をとる義務、及び温度計を設置して暑さ指数等の温度を把握する義務を怠り熱中症対策を怠ったとして学校の過失を認めました。 

 控訴審(大阪高裁)も同様の判断をしています。
 このほかにも熱中症の学校事故に関する判例は多くありますが、当日の気候、気温、練習の強度、時間、生徒の年齢、対直、休憩や給水の頻度、過去に事故の経験があるか、事故後の対応など、ケースに応じて状況を総合的に判断し、学校に過失があるかを判断しています。
 体育系の部活動は以前は根性論などあったかもしれませんが、ここ数年の異常な暑さを見ても、無理は事故に通じることになりますので、学校は熱中症事故が起きないよう、指針等を守り、万全の対策をとることが求められていると言えます。

 

【参考】
熱中症予防のための運動指針」公益財団法人日本スポーツ協会
https://www.japan-sports.or.jp/medicine/heatstroke/tabid922.html


「学校事故対応に関する指針」文部科学省
https://anzenkyouiku.mext.go.jp/guideline-jikotaiou/index.html

ニチレイフーズ船橋第二工場の見学

冷凍食品の工場見学をしたいと以前から思っていましたが、ニチレイフーズ船橋第2工場の見学の機会をいただき、人気商品のミニハンバーグのラインの見学をしました。よどみなく次々とミニミニハンバーグが流れて行く様子は圧巻でした。

ニチレイフーズの冷凍食品は、商品パッケージに書かれた、食べ方の説明が細かく丁寧です。電子レンジを使用する際、食品によりラップをかけるのかかけないのか異なり、使用時間も秒単位で異なります。高齢化社会が進む中、お年寄りでも読みやすいように、文字も大きめなど工夫されています。

www.nichireifoods.co.jp

発酵と味噌

お味噌は、日本人にはおなじみの食品ですが、味よし、保存によし、体に良しといわれ、デトックスにも効果があります。

お味噌は発酵食品ですが、発酵とは何でしょう。

発酵とは、微生物の働きによって物質が変化し、人間にとって有益な物質を作り出すことを言います。発酵にかかわる三大微生物とは、細菌、酵母、カビで、あわせて発酵菌といいます。味噌はこの3種類ともが関与します。

発酵食品のメリットとしては、食品の栄養分が増える、保存性が高まる、熟成により味や香りがまろやかになるなどがあげられます。

先日、自分で作ってみましたが、材料は大豆、米麹、麦麹、塩などで、意外と簡単に作ることができます。

最近では保存用の容器もセットになった手作り味噌用キットも販売されているようです。

時期によって2~6ヶ月ほど仕込みの期間がかかりますが、お味噌料理のレシピを研究しながら自分のお味噌ができるのを待つのも良いのではないでしょうか。

うつ病と脳のエネルギー

職場環境の相談などで、うつ病が話題になることがあります。厚生労働省のHPでは職場のメンタルヘルスに関する情報がいろいろ載っていて参考になります。

厚労省HPによれば、うつ病は、脳のエネルギーが欠乏した状態であり、エネルギーの欠乏により、脳というシステム全体のトラブルが生じてしまっている状態とのことです。

脳のエネルギーが欠乏していなければ、自然治癒力によって、時間の経過とともに元気になるのが通常です。時間の経過とともに改善しない、あるいは悪化する場合には生活への支障が大きくなり、病気としてとらえることになります。
うつ病の原因は、生活の中で起こるさまざまな要因が複雑に結びついて発症しますが、環境要因、性格要因、遺伝的要因、慢性的な身体疾患などあります。
 「性格傾向」も発症要因のひとつですが、脳のエネルギーが欠乏した状態をうつ病と定義すると、義務感が強い、完璧主義、几帳面、常に他人への配慮をする性格のかたは、エネルギーを多く使うので欠乏しやすいようです。こうなると気を遣いすぎるのも考え物ですね。努力の成果が伴っているうちはエネルギーの回復もみられますが、成果が出せない状況が生じたりしてエネルギーの枯渇が起これば発症の危険が高まるとのことです。 
 うつか自覚がしづらい場合もありますが、エネルギー補給である食べること、エネルギー充電である睡眠という生命体に必要な2つのことに着目すると良いようです。疲れているのに眠れない場合は、エネルギー充電できず自然治癒力が減少します。不眠がある人は不眠のない人に比べ、3年以内にうつ病を発症するリスクが4倍になるなど、不眠とうつ病の関連性を示す研究報告が多いそうです。寝つきに30分以上かかる、途中で何度も目が覚める、朝やたら早く目が覚める、熟睡感がなくなる、などの場合は、生活習慣を見直してエネルギーが底をつくのを防ぎましょう。

たねと私の旅

法政大学で行われた有機農業映画祭に行ってきました。5本の映画が上映されましたが、私の一押しは「たねと私の旅」とういう2017年のカナダの女性監督の映画です。遺伝子組み換え食品の表示がないカナダのお話ですが、食品表示と知る権利につき考えさせられる映画でした。この映画はストーリー仕立てになっており、お料理の場面もたくさん出てきて映像も素敵です。お料理のレシピを追っているうちにストーリーが先に進んでしまっていることのないよう注意が必要ともいえます。

特にこういった問題に関心が無い方や、お料理には関心のある方にも楽しめる映画になっています。

http://www.yuki-eiga.com/films/たねと私の旅?fbclid=IwAR3PCOy8iuO0_AgvfzgG4kpJ0OdhMvpC-zIu8X5V2uTo6wzyPTwKyBC4nj4

「経口補水液」は特別用途食品です

今年は猛暑が続き、熱中症対策として水分補給の重要性が叫ばれましたが、ドラッグストアで経口補水液をご覧になり、あるいは購入されたかたも多いかと思います。

電解質組成を調整した清涼飲料水について、「経口補水液」との名称で広告その他の表示で、「脱水時」、「熱中症対策」等と記載し、脱水症状を起こしている人を対象とした病者用食品であるか のように表示・広告するばあいは、病者などの健康の保持・回復等の特別な用途 を食品に表示する場合といえるため、健康増進法上、特別用途食品としての許可が必要となります。

熱中症対策と広告して、清涼飲料水と特別用途食品としての許可を受けたものを区分せず同じ棚に陳列して販売するなど、その清涼飲料水が特別用途食品としての許可を受けたものと誤認されるような表示 をした場合も、健康増進法に違反するおそれがあるので、ドラッグストアなど販売者は、誤解されないように工夫する必要があります。

また、消費者庁のHPによれば、このような表示がなされている清涼飲料水の中には、脱水時等に経口補水療法を行う際に用いられる組成を参考として、強制的に体内に水分及び電解 質が吸収されるよう調製されているものがあり、ナトリウムが多く 含まれている製品については、脱水でない状態で大量に摂取した場合、ナトリウ ムの過剰摂取につながる可能性があるそうです。腎機能に問題のな い者でも、ナトリウムの摂取量と腎臓により排泄される量が定常状 態になるには、数日かかるといわれており、血圧や心臓への負荷等の影響も懸念 されるそうですので、熱中症対策とはいえ、消費者側も飲み方には注意しましょう。