弁護士佐藤光子のブログ

弁護士佐藤光子が食品安全やペット問題、環境問題、医療問題など関心分野について日々つづるブログです

交通事故被害にあった時のペットの飼育費用

子供のいる世帯よりもペットを飼っている世帯が多くなったと聞きます。不幸にして交通事故被害にあって入院しているときなど、ペットの世話をしてくれる人を探さなければなりませんが、その費用は加害者に支払ってもらえるのでしょうか。判例では、認めるものが現れてきています。

①愛犬2頭の14か月半の預け費用132万円のうち65万円を認めたもの。

②一人暮らしの女性が入院期間中ペットの猫の世話をした他人に依頼した謝礼として15万円を認めたもの。

③飼い犬を128日間」ペットホテル業者に預けた費用32万円を認めたもの。

(いずれも損害賠償算定基準平成29年度版より)

ペットを残して入院するのは、家族を残して入院するのと同じですから、安心して治療してもらえるようにしてほしいという飼い主の意思が反映した判例が出てきたことは、飼い主さんにとっては良い傾向といえますね。

ウインナープラント見学

f:id:syokuhin-pet:20170715234532j:plain

プリマハム茨城工場に昨年5月に新しいウインナー工場が出来たので見学に行ってきました。原材料の処理から包装までのすべての流れを見学用通路から見ることができ、機械での処理の様子はタッチパネルの画面からも理解する事ができ、とてもわかりやすいです。衛生面での配慮がとても行き届いており、ISOなど国際的な安全基準に準拠しているのはもちろんの事、外気が建物に直接流れ込んでこないような出入り口仕組みにや、トイレは消毒をしないと出口の自動ドアが明かないようになっているなど、細かな衛生面での配慮がみられました。また、異物混入を排除するため、目視、金属探知機、X線と何段階ものチェックが行われていました。まだ稼働して1年程度の為、一般見学は受け付けていないようですが、今後、公開された時は行ってみると、安心安全の取り組みの理解に良いと思います。

動物愛護法改正に向けた院内集会

 

f:id:syokuhin-pet:20170714233425j:plain

動物愛護法改正の院内集会に報告者として出席しました。オーダーは、「わかりやすく問題点を説明してほしい」とのことでしたが、論点がありすぎて持ち時間10分ではとうてい無理。普段ならレジュメを詳しくしてカバーするのですが、今回は要請が直前だったため、作成時間もなし。とりあえず、業者の登録制の問題と、週令規制だけ簡単に話しましたが、それでも時間をオーバーして、タイムキーパーの方に時間オーバーの合図をされてしまいました。集会には、殺処分ゼロを目指す超党派議員連盟松野頼久議員、福島みずほ議員もいらっしゃっていました。

私がレジュメで挙げた論点は、下記のものです。ご参考までに。

  • 動物取扱業者の適正化 登録制と許可制
  •  週令規制
  •  自治体の収容施設
  •  マイクロチップの義務化
  •  飼主のいない猫の繁殖制限 地域猫活動
  •  不妊去勢の義務化
  •  実験動物の扱い
  •  ペットの高齢化

石川県羽咋市の自然栽培

 

石川県羽咋市では、6年くらい前からJAと行政と農家が一体となって自然栽培の推進に取り組んでいると聞き、東京の方南町にあるアンテナショップを訪問しました。正確には、昨年まではアンテナショップですが、今年からは熊本など他の産地も産物も取り扱う自然食品のお店になり、注文を受けての宅配もしてくれます。方南町駅前でも羽咋産の野菜が販売されていました。

羽咋市では、町おこしとして自然栽培に取り組む農業従事者の受けいれもしています。

 奇跡のリンゴで有名な自然栽培農家、木村秋則さんをJAは塾長に招いて自然栽培実践塾を開校して3年続け、さらに「のと里山農業塾」として発展させ、これまで約300人が羽咋で自然栽培農法を学び、全国で無農薬・無肥料のコメづくり、野菜づくりをしているそうです。
 TPP後をにらんだ攻めの農業を推進するため、市は全国で初めて農林水産課に「自然栽培推進係」を新設、新規就農者への農地斡旋や住宅支援などに乗り出し、JAと連携を強化し、全小中学校の給食に自然栽培の食材を使う試みを共同で行ったそうです。
 JAが農薬を使わない自然栽培に協力的と言うのは珍しいケースだと思います。それだけ、今のままではいけないと言う危機感が強いのだと思いました。

 

中級食品表示診断士になりました!

中級食品表示診断士の試験に合格しました!

ここのところ、食品関係のお仕事が続いており、せっかくなので趣味と実益を兼ねて食品表示診断士中級をうけました。食品表示はパズルの様な部分もあり、ひっかけ問題もあり、頭の体操にもなります。何でも、合格はうれしいですよね

 https://www.amazon.co.jp/dp/4478090513?tag=shokuhyo-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=4478090513&adid=1PZD6XVFJAK3F1CBYBQW&

動物愛護法違反と不法侵入

ビックコミックオリジナル掲載の「しっぽの声」第2回目を読みました。以前ご紹介した、杉本彩さんが監修している漫画で、犬のインンターネット個人販売のブリーダーの話の続きです。悪質ブリーダーのもとで、劣悪な環境で遺棄されている犬の居場所に今回は踏み込んだ様子が描かれています.

飢餓状態のなかで共食いされた子犬の死骸や、自分で前足を食いちぎってしまった子犬など、読んでいて辛くなる場面もあります。しかし、この様な状況を確認するためには、そのブリーダーの敷地内に入らざるを得ず、現行法では、そのブリーダーの許可が無ければ不法侵入になってしまうの難点と言えます。この件は、踏み込んで現場に入りさえすれば、あまりにひどい状況なので、動物愛護法違反は明らかな事案ですが、遺棄の場合、殺傷のような分かりやすい行為と異なり、不作為の為に明確に遺棄と言いずらい微妙な場面もあったりして、これまた難点だったりします。

 

現実から目をそらさらさず、現状を改善するためにどうしたらよいか引き続き考えていきたいと思いました。

 

f:id:syokuhin-pet:20170612221445j:plain

三井食品フードショ―2017

f:id:syokuhin-pet:20170622233344j:plain

パシフィコ横浜での三井食品さんのフードショーに行ってきました。みなとみらいは、かなり久しぶりです。フードショーでは、惣菜、加工食品、酒類、地方物産、ペット商品などのこれから発売する新商品、リニューアル商品などの展示、試食などが行われていました。展示をしている各社の方と意見交換させて頂きましたが、健康志向商品(なぜか豆乳系商品が多かったような気がします)と、より簡単・便利に調理できる商品の展示が多かったような気がしました(お湯捨て不要のカップラーメンなど)。ペットフードも人間の食品も顔負けの無添加、安心・安全、栄養補強などのラインが充実し、産地限定とか○○産と産地明示などされた商品群もあり、なかなかのものでした。